オスカー・ブルニフィエがおすすめ!

内容的には難しいかもしれませんが、いつか目にして何かを考える機会になって欲しいです。子供の教育目的です。大人として!子供へ頭ごなしに言うだけでなく善悪の判断をわかりやすく説明してあげられてよかったなあと思いました。

コチラです♪

2017年01月24日 ランキング上位商品↑

オスカー・ブルニフィエよいこととわるいことって、なに? [ オスカー・ブルニフィエ ]

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

そんな時に役立つ本だと思います。他のシリーズも買い揃えていきたいです。読んでみて!なるほどとじっくり考えさせられ!気付かされることの多い内容でした。話の内容は!子どもにとってもちろん良いですが!挿絵や構成も子どもの心をひきつけやすく工夫がしてあり!内容が難しくても子どもの関心を惹くよう工夫されておりよかったです。。「自分の頭で考える」という事が出来るようになるきっかけになってくれればと思います。ある日のこと!近所の子の「どうして?」にも気軽に答えていたところ!一緒にいたママ友から「そう言えばよかったのね〜すっごい〜」と感心されてしまいました。大人にもおすすめの本です。子供本人も納得した様子。安心して答えてあげられる言葉で表現されているところがありがたいです。「そんなの、当たり前」「常識でしょう?」でオシマイにしてしまってきた事に、子どもが純粋に問いかけ、いくつもの答えが出てくることに、最初は正直に言って、戸惑ってしまいました。ちなみに、とても寝つきがいいみたいです。現在、4歳なので、少々難しいようです。小学校低学年前後の子供がぶつける素朴な疑問。親として先に読んでみました。3才の子どもと読みましたが途中で飽きてしまったようです。でも、読んでみると大人の自分にとってもためになることが書いてあり、大変満足できました。一生懸命考えるからでしょうか・・・。今!好き放題する子どもと一緒に読もうと購入しました。人間の生き方考え方についてとても考えさせられる本でした。4歳になったばかりの末っ子には、まだ少し難しそうなので、もう少し大きくなったら一緒に読みたいです。絵もおしゃれだし、子供にも分かりやすくでも内容は奥深いです。読ませたいです。私が枕元に置いておいたのを読み始めた子ども(小3)が「自分で考えるのが大切ってこういう事なんだね」とつぶやいた本です。届いた直後から娘が夢中で読んでいました。本屋さんで見かけて立ち読みしてハマりました。重松清が好きで!購入しました。子供たちへのプレゼントとして購入しました。自分が表現できないような言葉にならない言葉を表現するのがうまし。原書は海外のものなので!多少のアレンジはしていますが!この本はとても参考になりました。読んでいて思うこと感じたことを語り合うきっかけになり!本の読み方が広がり始めました。いじめがはやっているこの時期だからこそ。今日、届いたので、さっそく、小学生の子どもたちと考えながら読んでみました。絵もおもしろいので小学1年生の次男は、ひとりで何度もみて楽しんでいます。全ページカラーで読みやすい本です。絵で分かりやすく子供と一緒に読める本です。こどもにぜひ。シリーズの他の本も欲しくなりました。「なるほど!こう答えればいいのか」と模範回答を読んだような気分です。もう少し!大きくなったら!一緒に読んで!話が出来そうです。一人暮らしのオトナの方にも!もう一度見つめなおすために読んでみて欲しいなぁ!と思う本です。哲学好きなフランスらしい本です。まだ難しいかもしれませんが、意外に真剣に考えながら聞いており、気に入っている様です。寝る前の絵本タイムに読んでいます。実はあたりまえのことを子供にわかりやすく説明するって難しいことだったんですね。時々!頁を繰って読み返しているのを見かけます。大人にとっては「常識」過ぎて説明する言葉が見つからない。なんか好きなんですよ!重松清。本当は上の息子と一緒に読もうと思っていたんだけど!つられて先に一人で読んじゃいました。でも、今、ちゃんと見つめなおして考えて、子どもや家族と一緒に読んで話しておきたいと感じています。タイミング良く与えられて良かったし、「なぜ?」に答える自分が透けることを確認出来たりもします。もっと早くに知りたかったです。でも!子供は答えを教えてほしい。絵本で子どもに問いかけたいです。子ども向けってことで!自分でもわかるかなぁと思い・・・本屋さんでみかけて気に入ってしまったので!ポイントのたまる楽天ブックスで注文しました。